たとえ今フリーターの立場だったとしても、人生なんていくらでも変えることはできます。

その中の一つの選択肢として

『フリーター→正社員』

への就職がありますが、多くのフリーターはこの正社員に対するハードルが高いと思っています。

avatar
これは私自身の過去の経験からも言えることです。

私がフリーターを続けていた時は、なぜか自分の立場が同年代の正社員よりも低く感じてしまい、強い劣等感を抱えながら生きていました。

実際はただ『肩書きが少し違うだけ』でしかないのに、これが強烈なコンプレックスとなってしまい、新しい一歩を踏み出すことに時間がかかっていました。

今振り返ってみると小さな悩みだと分かりますが、実際フリーターから正社員になる道筋が見えていないと、光の見えない暗闇を彷徨う感覚になりがちです。

なので、ここでは過去にフリーター経験を持つ私が、これからフリーター→正社員の人生を考えている方のために、人生を切り開く手順をお伝えしていきたいと思います。

フリーターの就職活動の注意点

フリーターの立場で全てのことを一人でやろうとすると、最終的に泥沼にハマる可能性が高いです。

人生を変えるために大切なのは『情報』『人に頼ること』この2つです。

その具体的なやり方も余すことなくお伝えしていきますので、この記事を読んでいただければ、モヤモヤした霧が晴れて何をすべきかが明確になるはずです。

1,フリーター就職活動の知識

本気でフリーターから正社員へ!

就職を考えた場合、必ず必要になる知識があります。それらをこちらでまとめて紹介しています。

2,フリーターの末路

現代のフリーターのリアルな現実

実際にフリーターを続けた未来がどのようなものなのか?

働き方のリアルをコンテンツとしてまとめています。

3,フリーターの面接対策

面接で重要なポイントを抑える

フリーターだからこその面接のやり方を場面別にまとめてあります。

就職支援サービス

フリーター就職の手厚いサポート

フリーターがこれから就職をする際に欠かせないサービスが『就職支援サービス』になります。

世の中のフリーターの現実を理解する

今の時代、フリーターとして働く人の割合は、数年前と比較してみると減少傾向にあります。


引用元:http://www.garbagenews.net/archives/2039329.html

この数字が多いか少ないかは分かりませんが、フリーターの人口が減り続けている事実があるということは

『フリーターから抜け出して、正社員・独立として活躍している人が増えている』

ことでもあります。

avatar
つまり、今フリーターの立場であっても、自分の行動次第では余裕で人生を変えられるということです。

特に20代であれば、フリーターの肩書きをそこまで深刻に考える必要はありません。

20代のフリーターにまず読んでいただきたい記事

もしすでに30歳を超えている場合には、まだやり直すチャンスはあるため、早急に行動を起こすことをおすすめします。

avatar
ちなみに35歳を超えると20代30代前半とは違った戦い方で人生を生き抜く必要が出てきます。詳しくは以下のの記事で解説しています。

フリーターの定義について

ただ一つだけ注意していただきたいことは、世の中がフリーターとして定義しているのは

世の中のフリーターの定義

『19〜35歳までの人たち』

になるため、35歳を超えるとそこからはアルバイト・パートとして扱われるため、このデータに含まれることはなくなります。

avatar
つまり、世の中にはフリーターとして働く人がたくさんいる裏で、アルバイト・パートとして仕事をしている人がそれ以上にいるのです。

なので、自分の年齢によって社会的な扱いも変わってくるため、なるべく早い段階で人生を変える決断をして行動を起こさなければ、取り返しのつかないことになる可能性もあるのです。

一生フリーターの最大のリスク

もし仮に一生フリーターの人生だと、正社員にと比較しても生涯年収で数千万円の差が生まれてしまいます。

どうせ働くなら、安い賃金よりも高い賃金で仕事をした方が効率が良いですからね。

フリーターが就職活動開始!具体的な進め方を解説

結論からお伝えしてしまうと、フリーターが就職活動を成功に導くためのルートはたった1つです。

それは

『最初の段階でフリーターの就職事情に詳しいプロに相談すること』

です。

最初の段階で多くのフリーターがやりがちなことが

『一番最初にハローワークに行って仕事を紹介してもらう』

この行動です。

avatar
みんなハローワークで仕事を探すんじゃないですか?
avatar
これでも仕事を見つけることはできるのですが、世の中の現実を知ると、最初にハローワークで求人を探すことがどれだけ大きなリスクであるかがすぐに分かります。

これでも仕事を見つけることはできるのですが、世の中の現実を知ると、最初にハローワークで求人を探すことがどれだけ大きなリスクであるかがすぐに分かります。

当たり前のようにやっている自分の行動が、結果的に自分の首を締めることはよくある話なので、まずは自らの手で『正しい情報』を取りに行く必要があります。

正社員として採用されるフリーターと採用されないフリーターの違い

そして就職活動を始めると、必ず採用される人とそうではない人が出てきます。

avatar
基本的に、採用されない人というのは、必ず『共通した特徴』を持っています。

これは就職活動をしていく中で必ず改善できるポイントではあるのですが、やり方を間違えると長期間採用されずに時間だけが過ぎていくことも考えられます。

ちなみに、就職できる人が4割以下しかいない状況で、事前に就職サポートをしてくれて、尚且つ就職後のアフターフォローにより

就職成功率8割以上
就職後定着率9割以上

の実績を出している環境があります。

それが

『就職支援サービス』

になります。

就職支援サービスとは?

avatar
もしかしたら、就職支援サービスという言葉を初めて聞く人もいると思いますので、簡単にどのようなサービスかを解説しておきます。

そもそもこのサービスの特徴は

就職支援サービスの特徴

就職のプロがマンツーマンでフリーターをサポートしてくれる環境が整っており、就職するまでの面接対策・求人の紹介・就職後のアフターフォローを行ってくれます。

注目すべきポイントとしては

『フリーターに特化したサービス』

となるため、正社員からの転職者と一緒に就職活動をすることはなく、求人を出している企業側も

就職支援サービスを利用する最大のメリット

『フリーターが相手だと理解した上で面接をする』

ため、自分一人で就職活動をするよりも効率よく仕事を見つけることができるのです。

▼一人で就職活動をする場合▼就職支援サービスを使って就職活動をする場合
求人は自分で見つける(転職者と混合)プロが見極めた求人から選べる(ブラック排除)
基本的にハローワークを利用キャリアカウンセリングが受けられる
仕事先の情報が薄い書類選考なしで面接ができる
書類選考で弾かれる可能性が高い非公開求人多数あり
avatar
私が一番良いと感じた点は『フリーターが相手だと理解した上で面接をする』ことです。

実際、ほとんどの就職支援サービスはフリーターに特化しているため、

書類選考
ブラック企業の排除
フリーターから正社員に就職させるプロ

この環境で仕事を探すことができます。

もし仮に自分一人で就職を考えるとなると、書類選考、面接、求人の見極め(これは一人ではほぼ不可能)などをたった一人でクリアしなければなりません。

フリーターが一人で就職活動をする最大のデメリット

avatar
世の中には、この就職支援サービスの存在を知らず、自分一人でフリーターから正社員へと転身しようと思っている人がたくさんいます。

その人たちは、最初に必ず

一般的な仕事の探し方

ハローワーク
一般公開されている求人サイト

を使い、仕事を探すことになります。

ですが考えてもみてください。

それらの環境には膨大な数の求人がありますし、ハローワークに関しては国が運営するサービスなので、基本的に求人をかけている企業が広告費を支払うことがありません。

つまり、そこまで人の採用に力を入れなくとも勝手に応募が来るため、労働環境の悪いブラック企業も数多く求人を掲載しているのです。

求人サイトはフリーターには厳しい

avatar
一般的な求人サイトに関しても、フリーターに特化した環境ではないため、基本的には私たちのような立場の人に対して悲観的な目で物事を判断してきます。

これらの環境で仕事を探すとなると、間違いなく

一般的な求人サイトで起こること

フリーターOKの求人が少ない
ブラック企業への入社
書類選考で何度も落とされる

これらを何度も経験しなければなりません。

フリーターを続けていた経歴というのは、世の中的には特殊な扱いとなるため、数打って仕事を探すことは労働環境の悪いブラックな求人に当たる可能性を高めてしまうのです。

これらの悩みを抱えている人があまりにも多いため、就職支援サービスでは

フリーターに特化した求人
ブラック企業を見極めるためのフィルター
フリーターを徹底サポートする環境
フリーターを受け入れてくれる企業

この環境を徹底して作り出しているのです。

この事実を知ると、普通に就職活動をすることがいかに非効率な選択肢かがすぐに分かると思います。

フリーターにオススメの就職支援サービス

とはいえ、全ての就職支援サービスが質の高い求人を扱っているか?と問われると、実際はそんなことはありません。

avatar
何も考えずに適当に就職支援サービスを選んだとしても、そこで自分が望むような求人に出会うことはまぁ稀です(というより、ほとんどないと思います)。

就職支援サービスには、それぞれ強み・弱みがあり、自分がどんな仕事を望んでいるのかによって、利用する場所は変わってきます。

なので、ここでは就職支援サービスで外すことができない条件、そして自分に合った求人を扱っている場所をそれぞれの特徴を紹介しながらお伝えしていきます。

ちなみに私がオススメしている就職支援サービスは3つになります。

圧倒的求人数の『就職Shop』

就職Shop最大の強み

8500社以上の圧倒的な求人数
業界最大手企業『リクルート』が運営
書類選考一切なし

徹底された就職サポート『JAIC』

JAIC最大の強み

無料の就職講座により就職成功率が格段にアップ
ブラック企業を徹底的に排除した求人
書類選考一切なし

ワークポート

ワークポート最大の強み

IT業界の求人に特に強い
未経験OKで働ける求人が多数あり
総合エージェントとしては登録のハードルが低めに設定されている