Pocket

・社会人経験もない
・スキルもない
・実績もない
・肩書きもない

そんな状態でフリーターを続けていると、いずれ就職を考えた時に

avatar
『やっぱりちゃんとした学歴は持っておいた方がいいかな』

と思い、大学や専門学校に通う選択肢を考え始めます。

学歴を取る理由

実際、専門学校や大学を卒業すると、それだけで履歴書に自分の学歴を書くことができるため、高卒・中卒よりも印象が良くなることは事実です。

ただ、この選択肢が正しいか?と問われると、実際はそんなこともありません。

もちろん10代・20代前半であれば学歴を持った方が選択肢が広がりますが、そこそこ年齢を重ねてからもう一度学校に通うとなると、話は変わってきます。

フリーターなら誰もが一度は悩む『学歴の取得』

今回はこの点について詳しく掘り下げていきたいと思います。

フリーターは大学・専門学校に通ってから就職すべきか?

まず結論から言ってしまうと、フリーターが専門学校や大学に通うのはありです。

avatar
しかし、その学歴の取得が自分の就職を有利に進めるかと問われると、実際はそんなことはありません。むしろ逆だったりします。

例えば、どうしても自分がやりたい仕事があるのに、そこで求められる条件が専門学校を卒業しなければ得られないのであれば、これは学校に通う選択肢を取るべきです。

フリーターが学歴を取るリスク

自分の給与面をアップさせるために、専門学校・大学を卒業してから就職すると、それだけで数年間働くまでの期間が伸びますし、学費で数百万円の出費がかかることになります。

学校に通うと学歴や勉強スキルは身につきますが、その裏で

学校に通うと失うもの

・数百万円の学費
・数年の働けない期間

これらを差し出さなければなりません。

人生は『何かを得れば何かを失う』ようにできていますので、フリーターが学校に通うかどうかを考える際には、まず

『その失うものが得られるものよりも大きくはないか?』

ということです。

もし失うものの割合が大きければ、その選択肢は未来の自分を苦しめることにもなります。

学歴別生涯年収について

もし仮に、今の自分が専門学校・大学を卒業した場合、どれくらい生涯年収に差が生まれるのか?この数字は一度確認しておきましょう。

学歴男性女性
中学校卒1億9400万円1億3750万円
高校卒2億730万円1億4640万円
専門学校卒2億1450万円1億7530万円
大学・大学院卒2億7000万円2億1670万円

参考サイト:https://www.nenshuu.net/sonota/contents/gakureki.php

これは2017年のデータではありますが、男女別の生涯年収のデータになります。

avatar
高卒と専門学校卒の生涯年収の違いは数百万程度の差なので、そこまで大きな開きはありませんが、やはり高卒と大卒では5000万円近い生涯賃金の差が出ています。

フリーターが専門学校に通う場合、この数百万円の賃金の差をどう見るかは大切です。

2~3年の勉強期間を確保し、300万円近い学費を支払う価値があるかどうかは働きたい仕事にもよります。

大学に通う際に考えること

そして大学に通う場合にも、4年間で400万円近い学費を使い、この5000万円の賃金の差を埋めるかどうかはしっかりと判断しましょう。

ちなみに私の見解としては、高卒フリーターとして働いている場合、学歴を持って就職するよりも費用対効果の高い選択肢はあると考えています。

その理由は後半で具体的に解説していきます。

会社側が学歴をどう見ているかを理解しておく!

そもそも、なぜこの世の中は学歴フィルターをかけて人材を確保するのか?

これは正しく理解しておく必要があります。

会社というのは、条件が良く・高い給料で働ける一部の有名企業に多くの人材が集まるようになっています。

一方で、その裏にはなかなか人材を確保できない中小企業が山ほどあるのも事実です。

学歴フィルターの重要性

つまり、もし学歴でフィルターをかけなければ、あらゆる大学から一部の超有名企業に人材が殺到してしまい、企業の採用担当者が良い人材を見分けることができなくなるのです。

avatar
そのため、あらかじめ『この大学以上を卒業してないと面接しない』という学歴フィルターをかけているのです。
avatar
確かに企業側も面接できる人数には上限がありますからね。
つまり、学歴というのは企業側が『面接する前に優秀な人材だけを抽出する要素』なのです。

それを考えると、今フリーターの状態からもう一度大学を卒業しても、その大学が有名企業に相手にされるか分かりませんし、学歴フィルターは通ったとしても、年齢の壁で弾かれる可能性もあるのです。

このリスクを考えると、やはり大学・専門学校に通う選択肢はそこまで推奨できるものではありません。

会社側が社会人・フリーターに求めるのは学歴よりも‥

フリーターが学歴を取得したいと考える一番の理由は、間違いなく『給与面が良くなる』ことだと思います。

avatar
実際高卒で就職するのと、大卒で就職するのとでは年収が変わってきますし、生涯賃金にも差が生まれます。

それを考えると、積極的に学歴は取得した方が良いように思えますが、実際会社側はそこまで学歴は求めていません。

今の時代で学歴よりも求められるもの

もちろん、以前の経済成長をしている日本であれば、学歴を持っている人の方が高い賃金を支払ってもらえたかもしれません。

しかし今の現実を見てください。

現在、大手企業が当たり前のように『45歳以上の早期退職』を募集していますし、日本を代表する企業『トヨタ自動車』の社長が『この先終身雇用を守り続けるのは難しい』ことをメディアで大っぴらに公表しています。

今の時代の流れ

定年まで正社員を確保しておくインセンティブが取れない現代では、一番働ける年代を超えた人たちに早期退職を促し、常に新しい人材を確保する新陳代謝の早い時代に変わってきています。

avatar
そんな一番働ける20代30代という時期に、数年間学校に通うことがどれだけ自分にメリットがあるのか?これはもう一度考える必要があります。

いくら大卒の方が生涯賃金が高いからといって、それがこれからの時代で通用するとは限りません。

結局年収の差は『過去の時代のデータ』なので、早期退職・終身雇用が崩壊した未来ではこのデータは全くアテにならないのです。

これからの時代は、学歴よりも『いかに時代に適応した働き方ができるか?』ここが一番求められることになります。

フリーターは学費よりも『スキル』に自己投資すべきです!

ここまでの話で、これからの時代で求められる人物像がある程度見えてきたと思います。

avatar
私たちが生きるこの現代では、正社員=安定の価値観は少しずつ変わってきます。

私たちが生きるこの現代では、正社員=安定の価値観は少しずつ変わってきます。

もちろんフリーターを続けているよりも正社員になった方がコスパよく働くことができるため、その選択肢は積極的に取るべきです。

しかし、もし自分の年収をアップさせるための自己投資を考えるのであれば、学費として数百万円使うのではなく『未来で資産になるスキル』のために使いましょう。

未来で資産になるスキルとは?

一つの事例ですが、私は以前フリーターをしていた時に、無駄に遊び続けてその日の生活に困ったこともあるため、その時に

『とにかく手に職をつけて就職をしよう!』

と考えたことがあります。

avatar
その当時、真っ先に思い浮かんだのは『専門学校』へ通うことでした。
学校に通うのを引き返した理由

しかし、良く考えてみると、専門学校に通う場合3年で300万円近くの自己投資をする必要があったため、これが果たして自分の将来の資産となるか?と自問自答したところ、実際大して資産にならないことに気づき、途中で路線変更をします。

そして自分で情報収集をしていく中で、これからの時代で伸びる業界は

  • IT業界
  • 介護業界

この2つだと判断し、そのうちの一つであるIT業界への参入を決断します。

IT業界について

ちなみにIT業界は『完全実力社会』なので、一部の大手IT企業を除いて学歴などは一切必要ありません。

そこに気づいた私は、最初に『プログラミング』『WEBマーケティング』の基礎から勉強していき、結果的にWEBマーケティングを学んで現在独立するまで成長しています。

ちなみに、今の時代『エンジニア・プログラマー』の数が絶望的に足りていないため、数ヶ月プログラミングスクールでプログラミングを学べば、それだけで

『他の会社員よりも高い収入』

を得ることはできます。

プログラミングスクールの費用は、どんなに高くても50万60万円ですから、大学・専門学校に通うより圧倒的に安いですからね。

それなのに普通に年収1000万円が狙える面白い業界なので、こちらは覚えておいて損はありません。

これからの時代は『学歴』はそこまで重要視されない

今の時代、自分の手で稼ぐことができれば、学歴なんて全く必要ありません。

これから伸びる業界は何なのか?
今の自分が身につけられるスキルは何なのか?

これをもう一度考えて行動を起こしていきましょう。

avatar
ちなみに私もあらゆる情報を取り入れてきましたが、今この時代でフリーターが専門学校・大学に通うのはかなりコスパが悪いと結論付けています。

一つの参考として覚えておいてください。

まとめ

フリーターの立場で学歴を持ちたい気持ちは分かりますが、実際に私自身はその選択肢はコスパが悪い選択肢であると結論を出しました。

もちろん人によっては学歴を取った方が良い働き方ができるかもしれません。

しかし、私のように『自分の手で稼ぎ続けられるスキル』を身につけることを考えた場合、

将来的に伸びる業界
これから求められるスキル

この2つを満たす業界に参入すべきです。

学歴に対する考え方

学歴はあくまでも『企業に入る際に印象が良くなる肩書き』なので、稼ぐスキルとは直結していません。

  • 自分が将来的にどう生きたいのか?
  • 何を仕事にしたいのか?

ここを考えてから数百万円の学費を支払うようにしましょう。

そうしないと、膨大な時間と学費を失うことになりますからね。

Pocket