Pocket

いざ自分がフリーターの立場から就職を考えた場合、とりあえずまずやることは

『インターネットを使っての情報収集』

だと思います。

avatar
フリーターの立場だと、どうしても就職が高いハードルだと感じてしまいます(実際は大したことはない)が、ネット上にある体験談や情報を得ることによって、自分の就活にプラズの材料を見つけることができることもあります。

もちろん、現代は『情報過多』の時代です。

全ての情報を信じてしまうと、その大半は間違った情報なので自分の人生が悪い方向に向かいます。

数ある情報収集の場の中で、特にフリーター関連の情報や意見が出ているのが

『2ch(2チャンネル)』

です。

実際私も、フリーターの立場から就職を考えた時、まず最初にこちらの2chから情報を取り入れることを始めました。

そして当事者として情報を取り入れたからこそ

『2chで情報収集をするメリット・デメリット』

も見えてきました。

2chの情報の信憑性について

とりあえず結論をお伝えしてしまうと、2chの情報というのは

『あくまでも1つの情報源として活用する』

ことが大切です。

avatar
正直、役割としてはこれ以上でもこれ以下でもありません。

そもそも、情報を取り入れる際に必ず気をつけなければならないポイントが3つあります。

・出典は誰かを調べる
・事実と意見を分ける
・100%の情報は得られない

これを踏まえた上で2chの情報の信憑性を考えていきましょう。

2chは基本的に『匿名』で書かれる

例えば、私のこのサイトは

『元フリーターが実際に就活をした時の体験談』

を詳しくお伝えしているブログです。

avatar
基本的に本名を表に出すことはしていませんが、はっきりと自分の自己紹介をして、実際の体験談やフリーターへのアドバイスなどを紹介しています。

これは同じ匿名であっても

『ブログと2chの違い』

があるため、より詳しい情報を取り入れたい場合には1つの参考元として活用できるブログに仕上げているつもりです。

注意点

ただ2chの場合、匿名で尚且つ『発信している人間の自己紹介がほとんどない』ため、その人の意見を全て真に受けるのはかなり危険です。

実際、匿名を良いことに面白半分で適当なことを発言している人もたくさんいるのが2chですから、その適当なことを真に受けて人生をかけて行動してしまうと、その未来は明るいものにはならないのです。

情報を得る意味

フリーターが情報を取り入れる目的は『正社員として就職する(条件の良い仕事)』ですから、その目的を達成させるための手段として情報を得るわけです。

avatar
つまりこのでの情報を全て真に受けることは、基本的には目的達成とは少し違う結果を招く可能性が高いのです。

なので感覚としては

『とりあえず2chも見てみよう』

くらいの気持ちで参考にする情報源だということです。

2chは『意見』したい人が多すぎる

私たちは、情報を得て『事実』を得たいのに、その情報元を2chに設定してしまうと、基本的にあそこで書かれているのは『意見』する側の発言なので、欲しい情報はほとんど手に入りません。

avatar
例え一人が事実を伝えたところで、その事実に対して意見をしたい人が多すぎますから、その事実の情報を得ることが非常に困難な環境が作られています。

実際ソーシャルの分析によると、2chの発言のおおよそ8割が

『ネガティブな意見』

というデータも出ていますので、意見・否定したい側の人間が多い理由が実際に数字で証明されていることがわかります。

つまり情報を得たい人にとって2chの環境は

『事実ではなく意見が飛び交っている環境』

となるため、情報の重要なソース元とはならないのです。

フリーターが就職を成功させるための上手な情報の取り方

情報に関しては、発信する側の伝え方やソース元によって得られるものが全然違います。

つまり、私たちがやるべきなのは

『情報の取捨選択』

を徹底することです。

例えば、ネット上で評判が良いとされる就職先・求人サービスがあったとしても、実際に情報を掘り下げていけば当然ネガティブな情報も出てきます。

avatar
ここで良い情報と悪い情報の判断が極めて難しくなるため、いかに情報を取捨選択できるかによって自分の行動も大きく変わってきます。

『フリーターから良い会社に出会って就職すること』

これを目的とした場合、情報を取る方法は少し工夫する必要があります。

実際の体験談を書かれている媒体(ブログなど)を見つける

とりあえずまずは、自分と同じような境遇から人生を変えている人間の情報から集めていきましょう。

当サイトの体験談:[脱出可能!]フリーターから抜け出して就職を短期間で実現させるやり方!

今回この記事を読んでいるあなたは、少なくともフリーターに関する情報を集めているはずです。

avatar
そして私のブログでは、毎日酒飲んで遊んでクズみたいな生活をしていたフリーターが、どのようにして人生を好転させたのか?を具体的に解説しています。

なのでこのブログは

『元フリーターの実際の体験談が書かれているブログ』

という扱いになります。

これを情報源の一つとするのであれば、できれば複数同じようなブログを見つけて、実際の体験談や情報を取り入れるようにしてください。

そうすると、人生は多少違えど

『人生を変えた人たちは基本的に同じようなことを言っている』

ことに気づくはずです。

つまり『人生を変えるための方法はすでに確立されている』ため、信憑性の高い情報源は、基本的に似たようなことを発言しているのです。

複数の媒体を見つけてこれが分かれば、次の段階に進みましょう。

行動を起こす前に『評判・口コミ』を調べる

自分がフリーターの立場から就職する方法としては、やはり

『何かしらの求人サービス』

を経由して仕事を紹介してもらう形になります。

実際調べてみると分かりますが、世の中には就職するための求人サービスは山のようにあります。

avatar
ただ、その中で現役のフリーターに強く、尚且つフリーターに特化した求人サービスはほとんどありませんので、この時点である程度利用するサービスが絞られてくるはずです。

そうなれば、あとは評判の良さそうな求人サービス・就職支援サービスの口コミやリアルな体験談を集めていきましょう。

口コミ・評判について

これらの口コミや評判に関しては、多少企業側の操作も入っている可能性は高いですが、数が多ければ一つの参考にはなります。

自分が将来的にやってみたい業界の求人を多数扱っていたり、利用者の大半が長期間働き続けられるような優良な企業を取り揃えている情報は、必ず表に出ていますからね。

実際に足を運んで『担当者』の当たりハズレを見分ける

ここまでくれば、最低限必要な情報は揃っているので、あとは

『今の現場がどうなっているのかを自分の目で見る』

必要があります。

avatar
これは実際にあるあるなのですが、例えどんなに評判の良い求人サービス・就職支援サービスであっても、自分を担当してくれる人間があまり能力のない人・仕事に対して熱心ではない人に当たることがあります。

そうなると

『ネット上では評判が良いのに実際は最悪だった』

このような事態が起こります。

情報を100%信用してほしくない理由もここです。

avatar
仮にそのサービスを利用して先人が良い就職ができたとしても、その担当者が優秀な人・熱心な人だった可能性もあります。
就職サービスの見分け方

つまり、看板は良くても人にハズレがあることはこの業界では日常茶飯事なので、それをチェックするために自分の足で見分ける必要があるのです。

私自身も、良い就職支援サービスは紹介できますが、あなたを担当してくれる担当者の質までは保証できません。

なので、できれば複数の就職支援サービスに登録し、実際に自分を担当してくれる人間と話をしてみましょう(基本無料なので複数利用は大丈夫です)。

人対人で感じるその空気感などから担当者の良し悪しを判断し、自分を良い未来に導いてくれそうな環境で就職先を見つけるのがベストです。
avatar
私が就職支援サービスを利用した時は、超評判の良かった場所の担当者が最悪でした。

なぜか分かりませんが、フリーターの私に上から目線で求人を紹介してきたため、その場でしっかりとお断りさせていただきました笑。

リアルの現場ではこのようなことが日常的に起こります。

仮にこれが2chに書かれることを想像してみると

2chの書き込み例

『みんな良いと書いてる就職支援サービスに行ったけど、実際担当者が最悪に悪かったから使わない方がいい』

みたいな書き込みをするでしょうね。

ただ、これは事実でもあり『意見』でもあるため、100%鵜呑みにするのは危険です。

結局全ては『現場』で起こることですからね。

まとめ

2chの情報は、結局のところ2chの情報でしかありません。

言ってしまえば

『それ以上でもそれ以下でもない』

ため、これを自分の人生の参考にすること自体間違っているのです。

avatar
一人の経験が自分のこれからの経験の参考にはなりますが、信ぴょう性のない情報をいくら信じても、それは参考にすらなりません。

複数の情報源を確保し、できれば2chに依存した情報収集をしないことをお勧めします。

Pocket