Pocket

20代の人生を終えて、いよいよ30代に突入すると、1日1日の選択が自分の人生を大きく変える決断となっていきます。

avatar
私自身、20代中盤はフリーターの人生を過ごしていましたが、30代が近づいてくることを考えた時、ようやく自分の人生に対して真剣に向き合うことを決断しました。

それまでは、毎日遊んで週4~5日をバイトに使い、残りの時間をバイト仲間と飲みにいく・遊びに行くことを楽しんでいました。

この生活も楽しかったのですが、当然30代になれば色々と決断しなければならないことも増えますし、人生に対しての責任が増える時期でもあります。

30代で考えること

愛する人との結婚
両親に親孝行をしたい
マイホーム・車の所有・子供が欲しい

これらを実現するためには、以前の私のようなフリーターの状態ではまず不可能です。

注意点

私と同じように、フリーターとして生きている人や、ニートとして働かずに20代を過ごしてしまうと、当然そのツケがいずれ回ってきます。

しかし最初に一つだけお伝えしておきますが、30代であればまだまだ人生は余裕で挽回できます。

ただ、この年齢から就職するとなると、当然

未経験の状態で就職するとブラック企業しかなさそう‥
30代で職歴なしだと就職サービスの担当者に笑われそう
自分ができる仕事なんてないかもしれない

このような不安が出てきますが、実際今回ご紹介する『DYM就職』のサービスであれば、それらの不安は取り越し苦労になるはずです。

就職というのは正解のない世界です。

avatar
ただ、結局この業界は『いかに企業とのコネクションを持っているサービスを利用するか?』が自分の就職先の明暗を分けます。

30代で良い求人を扱っている就職サービスはそこまで多くはありませんが、今回はこちらのDYM就職の実態・30代の実際の利用者の口コミ・評判などからこのサービスに対する疑問を解消していきたいと思います。

DYM就職なら30代でも利用可能です!

まず、こちらのDYM就職というサービスは

DYM就職が主なターゲットとしている人

社会人未経験(フリーター・ニート)
第二新卒

このような人たち向けのサービスとなります。

avatar
20代の頃に長期間フリーター・ニートの時期を過ごしてしまったり、高校・大学を卒業して就職しなかった、もしくは就職したはいいが数ヶ月で辞めてしまった‥などの人たちが主なターゲットとなります。

つまり簡単に言ってしまえば

『一度社会のレールから外れてしまった人たち』

をターゲットにしているため、正社員→正社員の転職や、より高収入を得るための転職を考えている人はこちらのDYM就職では望み通りの求人を見つけることはできないでしょう。

年齢が高く、尚且つ社会人経験がない・浅い場合、普通の就職サービスを活用しても、あまり良い顔をされませんが、ターゲット層が

『既卒・フリーター・ニート』

などに絞っているこちらのサービスであれば、利用者の多くがそのような人たちになります。

DYM就職側

当然、ここに登録されている求人の企業側もその事実を知った上で人材募集をかけています。

DYM就職の30代に対するサポート・実績について

就職をする場合、この業界の常識として

『30代未経験で正社員になるのは難しい』

と言われていますが、それは他の就職サービスを利用した時の話です。

avatar
実際こちらのDYM就職に関しては『35才まで』の求人を取り扱っているため、30代に突入した人であっても利用することは可能です。

実際に20~35才までの人たちを受け入れてサービスを展開しているのですが、DYM就職の強みや実績もなかなかのものです。

DYM就職の強み

書類選考なしで面接OK
社会人経験なしでもOK
優良企業2000社以上を取り扱っている
就職成功率96%
就職成功まで徹底サポート

通常、30代以上の人を受け入れるサービスでは、なかなか就職成功率の高さを維持することは難しいですが、こちらのDYM就職では35才までを受け入れながら就職成功率96%を継続しています。

avatar
そして、社会人経験のない人であっても利用ができるため、高い就職成功率の環境で仕事を探すことができるため、就職支援サービスでなかなか仕事が決まらない人にとっては心強い環境と言えます。
DYM就職利用時の注意点

ただ、30際でも活用できるからと言って、こちらのDYM就職1つに絞って就職先を探すのは少し選択肢が狭まります。

できれば30代の場合は他に2~3つ就職支援サービスを登録しながら同時進行で求人を探したほうが効率よく良い仕事に出会えます。

これは私自身も痛感していることです。

数ある就職サービスで30代がDYM就職を選ぶメリット

正直な話、私も数々の就職サービスを見てきましたが、どんなにネット上で評判が良いところでも、結局は

『良い担当者と出会えるかどうか』

が全てなので、ここで100%自信を持ってDYM就職をオススメできるか?と言われると、正直微妙なところもあります。

というより、全ての就職サービスには必ず『ハズレの担当者』がいるので、これを引いてしまったら、複数登録している別の就職サービスで求人を紹介してもらった方が良い結果になることも多いです。

avatar
そのため、とりあえずまずは一度無料登録をして担当者に相談し、その人がどれくらいの熱量で自分に仕事を紹介してくれるかを確認するのが第一です。

→DYM就職に登録して担当者に相談する

この前提を踏まえた上で、30代がDYM就職を利用する3つのメリットをお伝えしておきます。

就職サービスの鉄則

ちなみに、良い就職サービスで良い担当者に出会えば、良い求人に出会える可能性は飛躍的に高まります。

30代でも書類選考が一切ない

avatar
これは私も経験したことなのですが、書類選考のある就職サービスを利用すると、私のように遊びとバイトしかしなかった場合、ほとんど書くことがありません。

悲しいくらい書くことがありません笑。

そんな書類を見れば、当然企業側も

avatar
『なんだこの人は?』

と思われる可能性が高いため、8割弾かれるという書類選考で速攻落とされることが丸わかりです。

DYM就職の採用方法

職歴なし・スキルなし・経験なしの場合、書類に書くことがなさすぎて絶望することもありますが、DYM就職に関しては書類選考を飛ばして面接ができるため、完全に『人柄採用』となります。

ちなみに、なぜ就職サービスが書類選考なしで仕事が紹介できるかというと

『企業との太いパイプを持っている』

これに尽きます。

このパイプがあることによって、事前に面接対策などのサポートを徹底し、96%の人を正社員へと導くことができるのです。

avatar
この環境は積極的に活用した方がお得です。

ただ、書類選考で落とされる確率は8割以上と言われています。

他のサービスを利用した人たちがこちらのDYM就職への利用に切り替えて、どんどん良い求人の面接を進める可能性も高いので、やりたい仕事がある場合には早い段階で登録して担当者から情報を得るようにしましょう。

2000社以上の求人を事前に厳選している

30代を含めて就職成功率96%の実績は、表面だけ見れば就職サポートが徹底している環境であることが分かりますが、裏から見ると

avatar
『就職できない人をブラック企業に無理やり入れてるんじゃないの?』

という不安が出てきます。

この不安に関しては、正直絶対に持つべき要素です。

ただDYM就職の場合、扱っている求人の全てを事前に会社側が厳選しているため、

『離職率3%』

の実績を実現しています。

avatar
ただ就職先を紹介するだけのサービスであれば、この数字はまず叩き出すことはできません。

就職成功率96%の裏に離職率3%の実績があれば、私たち利用する側も安心して仕事を紹介してもらうことができます。

30代は時間がないがDYM就職なら無料登録で求人を探す価値はある!

アラサーになってくると、正直自分の人生に対しての希望と諦めが半々くらいになります。

30代を超えてなかなか就職できなかったりすると、その割合がどんどん諦めに偏っていき、最終的には自分の評価を極限まで下げて

avatar
『もうフリーターでいいや‥』

と諦めてこの生き方を選択してしまう人もいます。

ただ、今は『情報化社会』です。

正しい情報の取り方を意識していれば、必ず自分の人生の道は開けます。

avatar
私自身もフリーターの状態から独立することができましたし、知り合いにも35歳ででエンジニアになったり、40代から自分でビジネスを始めて独立をした人もいます。
今の世の中の実情

現代は『働き方が多様化している』のと同時に『団塊世代の退職で企業の人手が不足しまくっている』ため、思っている以上に間口は広いのです。

30代は時間がないことは事実です。

しかし、こちらのDYM就職であれば35歳までの求人はしっかり扱っていますので、登録して求人を紹介してもらう価値は十分にあります。

注意点

住んでる地域によって扱っている求人が少ない可能性もあるので、30代の場合は自分の可能性を広げるためにも、最低でも2~3の就職サービスを利用して同時進行で仕事を探していきましょう。

DYM就職

就職成功率96%
未経験OK
書類選考一切なし

DYM就職の無料登録はこちら!

まとめ

年齢というのは、誰もがネガティブに考えてしまう変えられない要素です。

世の中の常識

30歳になったら就職できない‥。

そんな一般常識が広まると、この年齢になった時にこの言葉を真に受けて自分の選択肢を狭めてしまう人もたくさんいます。

avatar
しかし途中でもお伝えした通り、現代は『企業の人手が圧倒的に不足している』ため、DYM就職のように既卒・ニート・フリーターをターゲットにした就職サービスの需要が高まっているのです。

昔なら『もう働き手は足りてるから既卒・フリーター・ニートなんていらないよ』と言われていたはずです。

年齢・肩書き・経験をネガティブに考えても何も始まりません。

一つだけ言えることは、30代になってから人生を変えている人間はこの日本で山のようにいるという事実だけです。

Pocket