Pocket

  • 社会的信用も何もない‥
  • 正社員と比較しても圧倒的にお金がない‥

そのような状況に追い込まれるニートやフリーターの状態から『就職』を考えた時、正直どんな就職サービスを利用しても良い未来を描けなかったりします。

avatar
というのも、私自身が毎日バイトをしながら適当にフリーターをしている人間でしたから、当然社会から冷ややかな目で見られていた一人です。

会社員が毎日出社する時間になると、私は電車に乗って出勤するのではなく、スウェット姿でゲーセンで遊ぶために早起きしているような人間でした。

avatar
こんな人間が、今では自分でビジネスを立ち上げて独立し、ある程度の収入を得られていることを考えると、世の中は面白いものです。

とはいえ、私自身もフリーターの状態から就職するために、様々な就職支援サービスを活用してきました。

結果的に独立する形になっただけで、今回お話する『就職Shop』に関してもお世話になった経験があるため、ここではフリーター・ニートの状態で就職Shopで仕事が見つかるのか?

これについて詳しく掘り下げていきたいと思います。

今回の内容について

自分がニート・フリーターの立場になると未来に悲観的になりますが、今回の内容を読んで現代の実情を知ると、おそらく早い段階で行動する気持ちが芽生えてくるはずです。

就職Shopはニート・フリーターでも利用可能です!

とりあえずまずは結論をお伝えしますが、就職Shopはニート・フリーターの状態であっても利用することは可能です。

→就職Shop公式サイト

実際にこちらの公式サイトで『1番目』の条件として書かれているのが

『求人が未経験者が対象』

という項目です。

その項目の中に『社会人経験不問』『フリーター』の項目がしっかりと記載されているため、ニートやフリーターを受け入れている就職支援サービスであることを全面的に伝えています。

フリーター・ニートの人が勘違いしてること

この就職Shopは『未経験者』が対象なので、そもそも正社員としてバリバリ働いている人を支援するサービスではありません。

avatar
対象が『ニート』『フリーター』のような社会人経験がほとんどない人たちなので、むしろそのような人たちを求めているのです。

こちらの就職Shopを運営する会社は、誰もが知る大手企業『リクルート』になります。

こちらの会社は現在多くの就職サービスを展開しており、ハイスキルを持っている方が対象の転職サービスや、技術系に特化した就職サービスなど数多く運営しています。

その中の『未経験者』を対象とした就職支援サービスなのがこちらの就職Shopだということです。

つまり、フリーターやニート、学校の中退経験がある人たちを主なターゲットとして運営しているため、当然扱っている求人の企業先も『その人たち』を採用したいと考えているのです。

これは前提として必ず覚えておいてください。

ニート・フリーターこそ就職Shopを利用すべき理由

avatar
私の過去の経験になりますが、正直自分がフリーターの立場になると、社会人経験もないただのアルバイトなので、このようなサービスを利用しても良い求人を紹介してもらえることはまずないと決めつけてしまいます。

もし働ける場所があったとしても、そこは人が集まらない超ブラック企業だと思ってしまうため、正直前向きに就活ができませんでした。

過去の就職サービスのリアル

もちろん、数年前・数十年前であればニート・フリーターが就職できる求人なんてほぼブラックだったはずです。

しかし、現代は『企業の若い世代が圧倒的に足りていない』ため、リクルートなどの大手企業がそこに需要を見出して、ニート・フリーターなどを対象とした就職支援サービスを展開しているのです。

avatar
これはリクルート側も利益を出せるビジネスですが、逆に考えれば私たちのようなフリーター・ニート経験のある人にとってもチャンスなのです。

特にこちらの就職Shopに関しては、ニート・フリーターが利用するメリットがいくつかあります。

担当者の対応が他の就職サービスよりも良い(実体験あり)

こちらの就職Shopに関しては、とりあえず『1発目』に利用していただきたい理由があります。

それが

『とにかく担当者の対応が他の就職支援サービスよりも手厚い』

からです。

通常、ニート・フリーターなんてどんな就職サービスでも嫌煙されがちですが、私が就職Shopを初めて利用した時は、最初に『2時間』くらいみっちりと面談をしてくれました。

avatar
そのため、とにかく手厚いサポートが受けられる場所だという印象が強く残っています。
就職Shop利用時の注意点

もちろん担当者に当たり外れはどこでもあるため、もしかしたらハズレの担当者もいるかもしれませんが、私が知っている限りでは、基本的には手厚いサポートが受けられる環境です。

これに関しては運の要素も多少ありますので『本当かよ‥』と疑いの気持ちがある場合には、とりあえず無料面談をしてみてください。

書類選考が一切ないためニート・フリーターでも面接してくれる

そしてニート・フリーターの状態で一番キツイのは、一生懸命就職活動をしても

『最初の書類選考の段階で弾かれてしまう』

ことです。

avatar
これは社会的信用のない生き方をした時期がある人は、おそらく共感してくれると思いますが、自分の過去にニート・フリーターの時代があると、当然その事実を書類に書かなければならないため、その時点で印象が悪くなります。

採用されるためには、書類審査→面接→採用の流れを経るのが一般的ですから、ニート・フリーターの立場になると、最初の書類の段階で相手にされません。

ニート・フリーターが普通に就職活動をすると起こること

いくら書類を送っても、企業側から何の音沙汰もなし‥。

これが続けば誰だって就職を諦めたくなります。

しかしこちらの就職Shopに関しては、途中でもお伝えした通り『ニート・フリーター』の人が対象ですから、その現実を理解しています。

なので最初の段階で『書類審査なし』の条件で求人を紹介してくれるのです。

avatar
これは最初私が利用した時は正直驚きました。

ただ、リクルートなどの大手企業の場合、当然企業側との強いパイプがあるため、そこでコネクションを作っておくことによって人材紹介のハードルを下げることができます。

仕事探しの基本は、多くの企業と強いパイプを持っている場所で探すことです。

就職Shopはその条件をクリアしている就職支援サービスと言えるでしょう。

注意点

ただ、いくら大手企業でも良い求人は基本的に早くに売り切れますので、とりあえず登録して自分が情報を得られる状態だけは作っておいた方が良いです。

偏りのない求人を紹介してくれる

世の中にはニート・フリーターを対象とした就職支援サービスはたくさんありますが、それらのサービスと就職Shopの最大の違いは

『求人に偏りがない』

ことです。

どうしても未経験者を対象とした求人サービスを利用すると、そこまでスキルを求められない『営業職』の求人が半数以上を占めますが、就職Shopは未経験者が対象なのにも関わらず

このように就職先の職種の割合がそこまで偏っていません。

他の就職サービスと就職Shopの差

もちろん営業や事務は未経験者でも就職しやすい仕事なので必然的に割合が多くなりますが、それでも他の就職サービスは営業が8割を超えたりしているため、それを考えるとこのグラフは業界の常識を覆していると言えます。

あなたがこれからどんな仕事をしたいかは分かりませんが、やりたいことがない上に職種が営業に絞られると、正直就職する気が失せます。

avatar
ニート・フリーターであっても仕事を選ぶ権利はありますので、それを考えると営業に偏ったサービスではなく就職Shopの活用がベストと言えるでしょう。

社会経験なしでもブラック企業を紹介されない

僕が就職支援サービスを利用して一番恐れていたのがここです。

ニート・フリーターが考えてしまうこと

どう考えても、正社員経験のないフリーターやニートの立場だと、仕事を選ぶよりも『紹介してもらう』と考えてしまうため、自分を低く見積もって選ぶより選んでもらうことだと思ってしまいます。

そうなると、働ける場所はほぼブラック企業しかない‥そう思うのも仕方がありません。

ただ、就職Shopに関しては、すでに『求人の100%を訪問取材』しているため、労働環境や職場環境が悪いところを排除した形で私たちに仕事の提案をしてくれます。

明らかに労働基準法を破っている
職場環境が最悪
教育体制が全く整っていない
avatar
このような職場は会社側で排除しているため、ネットには書かれていないリアルな現場の声を伝えてくれるのです。

就職Shopはハローワークとは違い『民間企業』が運営していますから、当然求人の質が低ければ口コミで悪い評判が出ます。

そうなると、結果的に一番影響が出るのは『就職Shop側』なので、ここで働いている人たちもシビアに求人を調査し、私たち求職者に仕事を紹介してくれるのです。

注意点

これが『国営企業(ハローワーク)』になると、話が変わってきますけどね。

これが『国営企業(ハローワーク)』になると、話が変わってきますけどね。

ニート・フリーターが就職Shopを利用する際の注意点

実際に情報を取り入れ、私自身が就職Shopを利用した経験があるため、こちらの就職支援サービスはニート・フリーターに対して手厚い対応をしてくれることはすでに経験しています。

avatar
なので利用する価値があるサービスであることは間違いありません。
ニート・フリーターの人が気をつけるべきこと

ただ、当然私たちのようなニート・フリーター経験者も気持ちを変えなければ就職先を見つけることができないため、ただ就職支援サービス側に依存した形で就活をしても、あまり良い結果は得られません。

手厚いサポートはしてくれても、結局行動するのは『私たち』です。

この恵まれた環境で私たちが最高の結果を出すために気をつけなければならないことが、大きく2つあります。

面接の練習は必ずしておく

途中でもお伝えした通り、この就職Shopは『書類審査なし』の状態で就職活動ができますが、これは裏を返すと

『面接で全てを決める』

と言っているようなものなので、ここでの印象が採用か不採用かを分ける一番の要素となります。

avatar
当時の私はバイトしかしてませんでしたから、正直コミュニケーション能力があまり高くはありませんでした。

それと同時に自己肯定感が著しく低かったため、面接の練習をしていても

avatar
『今のままじゃダメだね』

と何回も言われたことがあります。

特にニートの人は練習しない状態で面談で良い結果を出すことはかなり難しいです。

コミュニケーション能力の高い人間の面接と、コミュニケーション能力の低い面接の印象は恐ろしいほど違います。

avatar
ただ、面接は何回か練習すれば必ずコツがつかめてくるため、この練習を怠らないことが大事です。
面接練習を徹底すべき理由

ちなみに、面接が上手くなるとニート・フリーターであっても企業側の担当者に気に入られることも増えてくるため、練習するだけでも人生は大きく変わっていきますよ。

担当者との相性が合わなければ環境を変える

私の場合は運よく担当者がかなり良い人だったので問題ありませんが、就職サービスには必ず『ハズレの担当者』がいます。

これは当たり前のことですが、その企業で働く人の中にはやる気のある人・ない人がいるため、中には

『仕事を探しに来るニート・フリーターのことなんてどうでもいい。ただ俺の給料が貰えればそれだけでOK』

のような考えの人は必ずいます。

なので、就職Shop1つに絞って仕事を探すことは、ある意味『リスク』にもなるのです。

avatar
この業界は『担当者の力量』が自分の未来の人生を変えます。

実際、同じ肩書きでも

avatar
『この就職支援サービスでは良い求人紹介してもらえるけど、こっちだとあまり良い求人紹介してくれないな‥』

このようなことが起こります。

就職サービス利用時の鉄則

なので仕事探しの鉄則としては、評判の良い就職サービスを『複数同時に利用すること』が大切なのです。

ちなみに私が過去に利用していた評判の良い就職支援サービスもいくつかお伝えしておきますので、ニート・フリーターの方はこちらからも同時に情報を得るようにしてください。

DYM就職

未経験OK
就職成功率96%
就職後の離職率3%

就職Shop

求人は未経験者が対象
利用者数10万人突破
書類審査なし

まとめ

いざ自分がニート・フリーターになると、とりあえずハローワークに行って適当な仕事を紹介してもらう‥そんな考えになってしまう人もたくさんいます。

avatar
ただ、この記事を読んでいる方は情報収集能力が高い人なので、そのような考えにはならないはずですが、やはり複数の情報源を確保して自分が働きやすい仕事を紹介してもらえる環境を持っておくことは大事です。
ニート・フリーターの方が覚えておくべきこと!

結局、今の時代は企業側の人材が足りていませんから、表には出しませんが、企業もとにかく人が欲しくて欲しくてたまらないのです。

面接をするときには偉そうに質問してきますが、本心は『人材を確保したい』という気持ちが強いので、こちら側もそこまで緊張する必要はありません。

企業は人手不足で倒産することもありますからね。

ニート・フリーターであっても『仕事を選ぶ側』というマインドを持って面談をしていきましょう。

必ず良い未来を引き寄せることができますから。

Pocket