Pocket

フリーターだからと言って、適当な服装で面接に望んでは良い結果を得ることができません。

フリーターの面接の場面例

アルバイトの面接
アルバイト→正社員を考えている時の面接
正社員になるための面接

フリーターの立場であっても様々な面接がありますが、その時に良い結果を得るために適切な服装はどのようなものなのか?

今回はその点について詳しく掘り下げていきたいと思います。

面接で一番重要となるのは『第一印象』です。

どんなに面接の感触がよかったとしても、最初初対面の段階で服装やその他外見的要素が不快なものであれば、採用されることはありません。

それくらい重要な面接の服装を、多くのフリーターは軽く考えてしまっているのです。

avatar
管理人
面接での服装に対して軽く見ている人が多いからこそチャンスがあることも事実です。

今回の内容を読むことによって、面接の成功率が上がるはずですし、何よりも客観的に自分を見られるようになるため、面接以外の場面でも服装に気をつけるようになれます。

当サイトで登録の多い人気の就職支援サービス


1位:就職Shop
業界トップクラスの求人数8500社以上


2位:JAIC
就職成功率85%超えの実績あり

フリーターが面接で服装に気をつけるべき明確な理由

まず、一番に理解しておいて頂きたいこと、それは

『多くのフリーターはそこまで服装に気をつけていない状態で面接をしている』

ことがほとんどです。

avatar
管理人
私自身も、フリーターとして正社員の面接・バイトの面接をする際には、ある程度の身だしなみを整えて軽い気持ちで面接を受けていました。

その当時は、髪の毛は床屋で切り、安い靴・安い時計・安いスーツ・汚い肌の状態で面接に向かっていました。

今振り返ってみると、自分が面接官の立場で自分のような人間が面接に来たら採用するか?と問われると、間違いなく不採用にしたでしょう(実際に不採用になりましたが)。

avatar
リサ
そうだったんですね。
avatar
管理人
第一印象というのは、それだけ重要だということです。

実際フリーターの就職成功率は低いと言われていますが、その原因として『外見的要素に無頓着』な点も間違いなく含まれているはずです。

つまり、多くのフリーターが外見に無頓着な中で、自分だけが身だしなみに気を遣った状態で面接を受ければ、周りと差別化した状態で面接を受けることができるのです。

外見を整えるだけで優位になれるのであれば、これは取り入れない手はありませんからね。

面接で身だしなみを意識すべき理由

・多くの人が面接を受ける際に身だしなみの重要性に気づいていない
・ちょっとした意識を変えるだけで印象がガラッと変わる
・ポイントを抑えれば他の人と差をつけることができる

場面ごとの服装・身だしなみについて

面接といっても、大きく分けてフリーターには3つのものがあります。

1,フリーターから正社員へ就職する面接
2,フリーターがアルバイトの面接
3,フリーターがバイト→正社員になるた目の面接

当サイトでは正社員になることを1つのゴールとしていますが、ここでは3つの面接のパターンに合わせた服装の注意点をお伝えしていきます。

服装を選ぶ際に必ず意識すべきポイントは『不採用の理由を自ら作らない』これだけです。

avatar
リサ
第一印象が悪いと、それが不採用の理由になってしまう可能性が高いんですね。
avatar
管理人
そうです。

どちらかというと、受かるために身だしなみを整えるよりも、落ちないために身だしなみを整える意識を持つべきですね。

フリーターから正社員へ就職する際の服装

正社員への就職を考えた場合、この服装というのは最重要項目になります。

正社員の面接は『失礼します!』この一言で全てが始まりますが、その時に

  • スーツでビシッと決めている人
  • カジュアルな格好の人

がいた場合、どちらの人材にやる気を感じるか?これを一度自分が採用担当者の立場になって考えてみましょう。

注意点

職種によっては、わざわざスーツで仕事をする必要がなく、面接で『私服OK』の場所もあります(IT関係や現場作業など)。

このルールを提示されると、ほとんどの人は面接でスーツを選びませんが、不採用の理由を作らないことを考えた場合、やはり差別化をするためにもスーツの着用をおすすめします。

やはり私服の人が多い中でスーツで面接に来る人がいると、それだけで印象に残る可能性が高いです。

面接で対面した時に『おっ、この人は本気で面接に来たんだな』と思われれば、良い結果を呼び込める可能性が高くなりますからね。

フリーターがアルバイトの面接に行くときの服装

フリーターとしてバイトの面接に向かう際には、特に服装にこだわる必要はないでしょう。

よほど人気のアルバイトではない限り、採用する側はスーツの着用を重要視していません。

アルバイトで重要視される項目

・出られるシフトはどれくらいか?
出勤時間に融通は効くのか?
途中でバックレないか?

アルバイトの場合、最低限の身だしなみさえ整えていれば、シフトの融通が効く人が採用されやすい。

アルバイトの採用であれば、これらの不安要素さえ取り除くことができればまず採用されます。

バイト→社員採用を狙う

アルバイトの面接でも、その環境で正社員を考えている場合には服装に気を配る必要があります。

avatar
アルバイトの面接を受けに来ている人たちと差別化をしなければ、正社員への道は絶たれる可能性が高いです。
この場合は、アルバイトであっても正社員の面接の気持ちで臨む必要があります。

どんな職業を選ぶのかによっても変わってきますが、バイトから正社員を考えている場合、こちらが相手に与えるべき印象は『本気度』『第一印象の良さ』です。

たとえ最初にバイトとして採用されるとしても、その段階でスーツで面接に来るような人は熱意を感じますし、私服よりも第一印象が良くなることは間違いありません。

どの場面でも言えることですが、スーツで面接に臨んで悪い印象になることはほとんどありません。

高級スーツに高級キンキラ時計・ヘビ皮の革靴などを身につけてしまうとスーツでの印象が最悪になりますが、TPOさえわきまえていれば、面接では私服よりもスーツの方が印象が良くなることは確実と言えるでしょう。

何度もお伝えしていることですが、面接では『自分で不採用の理由を作らない』ことを何よりも重視する必要がありますからね。

面接官が服装以外で見ている外見的要素

服装をカッチリと固めれば面接で好印象を得られるのは間違いないのですが、実は面接官が見ている部分はそこだけではありません。

もっと言ってしまえば、服装なんて誰でも意識ができます。

avatar
身だしなみを整えるだけでは足りないんですか?
avatar
身だしなみも重要なのですが、そこは誰でも取り繕えるので、面接官が一番見るのはその先にあります。

面接官が一番知りたいのは『あなた自身』なのです。

それが露骨に一番出るのは、服装以外の以下の要素です。

髪の毛(髪型)

人の印象をガラッと変えてしまう『髪型』。これはアルバイトの場合はそこまで影響がないかもしれませんが、正社員の面接となると話は変わります。

例えば、前髪が目にかかるくらい長くてワックスで髪の毛をツンツンに立てている人が面接に来れば、どんなにスーツでカッチリ決めていても印象が悪くなります。

逆に短髪黒髪のスッキリしたヘアスタイルをしていれば、それだけで印象が良くなります。

髪が整っている

印象が良い

髪がボサボサ

印象があまり良くない

髪型に関しては特別なことをする必要はありません。

大切なのは、相手に不快な印象を与えないための髪型を意識することです。

男性であれば短髪ショート、女性であれば黒髪で髪を結んでいればまず問題はないでしょう。

顔(肌・顔色・歯)

顔の印象に関しては短期間で変えることは難しいですが(顔は人生そのものが出るため)、それでも肌を綺麗にする意識は持っておきましょう。

肌ツヤが良く、歯が白く磨かれていて、顔色が良い人間が面接に来れば、やはり面接する側の印象も変わります。

よく

『どうせ外見で採用する人間を選んだんだろ!』

と言われますが、これはある意味当たり前の話です。

avatar
外見を意識できない人は、それ相応の評価を受けてしまいます。これは世の中の常識です。

イケメン・美女ばかりを雇っている会社は少し違うかもしれませんが、やはり外見が整っている人間というのは、それなりのことをやっています。

何も外見を意識せずに意識している人と、相手の印象が良くなるように自分でメンテナンスしている人がいれば、当然後者の印象が良くなりますからね。

恋愛でも面接でも、結局は第一印象です。このことは必ず意識するように心がけましょう。

JAIC

面接に強い就職支援サービス

利用時就職成功率4割以下の人たちを、無料講座を受けさせることにより8割以上の成功率に引き上げる実績あり。

まとめ

正直な話、面接ではある程度容姿が整っている(太っていない・肌が綺麗・髪型が整っている)人の方が印象が良いことは間違いありません。

つまり、意識すべきポイントは、服装だけではなく自分の容姿も含まれているのです。

人の顔には

  • その人の生き様
  • 生活習慣
  • 乗り越えてきた壁の数

などが露骨に出ます。

短期間で顔を変えることはできませんが、やはり印象を良くするためには、服装に気を使うだけではなく、内面的な部分にも意識を向けることが大切です。

Pocket